【法人用/角印】彩樺21㎜

ho_saika_kaku21
ho_saika_kaku21
ho_saika_kaku21
ho_saika_kaku21
商品番号:ho_saika_kaku21

【会社用/角印】彩樺21㎜

【会社用/角印】彩樺21㎜
角印書体
(会社角印)彫刻内容
(会社角印)彫刻方向
文字バランス調整用おくり字オプション
※印影イメージ確認オプション
※角印用ケース
¥13,860(税込)
数量
    こちらのご印鑑(21mm)の彫刻可能文字数は彫刻可能最大行数は6行以内
彫刻可能最大文字数は36文字以内
※ローマ字、アラビア数字を含む社名の場合、横方向での彫刻となります。
※ローマ字、アラビア数字を含む社名の場合、印相体での彫刻は出来ません。
会社用角印について

角印は、領収書、請求書、見積書などに押印する、会社や法人の認印と言えます。
不特定多数に出回る可能性のある文書は、印鑑偽造を防ぐ観点から、実印や銀行印で代用せず、会社の認印にあたる角印を使用します。

彩樺(さいか)とは

資源の枯渇を避けるために、寒冷地(北海道、東北など)に豊富にあるバーチ材(真樺)をフェノールレジンと呼ばれる樹脂を使い、高圧をかけて加熱処理して作られる木製印材のことです。一般の木材と比べて、硬度に優れ、キメも細かいので印材に向いています。カラーもレッド、グレーからお選びいただけます。
このバーチ材(マカバ、サクラ、カバザクラとも呼ばれる)はヒノキ材と同程度の硬さで、広葉樹の中でもそこそこの硬度があります。また、均等で緻密な木肌をもち、反りなどの狂いが少ないというのが特徴がです。さらに、粘りや強度もあり、磨耗にも強く、磨くだけで艶もでるため、床材や家具材、建築内装材としても多く使われています。
マカバは北海道などでは「広葉樹の女王」と呼ばれる事もある木で、その外観は気品に溢れています。

印影について

字体は、印相体、篆(てん)書体、隷(れい)書体、行書体、古印(こいん)体、楷書体の6種類よりお選びいただけます。


漢字・ひらがな・カタカナ・英字のそれぞれの印影作成見本は下記からご確認下さいませ

実印は重要な契約の際に本人の証明として使用するため、偽造されにくい書体でお作りするのがいいでしょう。可読性の低い「印相体」や「篆書体」がお勧めです。

文字の配置について

法人名につきましては、会社名のみが一般的ですが、文字数のバランスを見て、おくり字に「印」や「之印」を入れて作成致します(お選びいただけます)。