個人仕事印・認印|特急印鑑・特急ハンコのハンコエキスプレス

認印(仕事印)とは、確認したことを示すサインのように使用する印鑑です

認印とは様々な確認事項や宅急便の受け取り、回覧など、日々生活している中で頻繁に使用する印鑑で、使用する人のサインのように扱います。
日常生活で多様する印鑑となりますが、認印も捺印する書類によっては、実印や銀行印と同じく法律上の効力をもつことが十分に有り得ますので、軽く扱うことのないようにしましょう。
男性も女性も、苗字のみ(縦書き)で作るのが一般的です。
縦書きには「身が立つ」という願いが込められています。代金の受領や回覧板など品物の受領に使う認印ですから、その家の家計が「立つ」ようにとの意味合いもあります。

印材をお選びください

黒水牛などの角・牙系の印材は、粘りがあって丈夫であり、朱肉に馴染みやすく、きれいな印影を捺すことができます。実印・銀行印などの重要印向きです。

比較的安価に手に入れることが出来ますので人気がありますが、繰り返し使用する認め印や永年使用予定の重要印には不向きです。

重厚感のある色味と、その硬さから古くより楽器や工芸品、家具などの高級品に用いられてきました。木材でありながら耐久性に優れており、使うほどに味が出る印材ですので、永年使用する印鑑にお勧めです。

真樺とフェノールレジンという樹脂を高圧加熱処理をして作られた、いま注目の地球環境を重視して作られたエコ印材です。圧縮している分、一般の木材と比べて硬度に優れ、木目も綺麗な事から人気の印材です。

高級家具などに使用されており、美しい木目で、特に女性から人気のある印材です。天然木に近い素材ですが、耐久性が高く、歪みの少ない材質です。

オランダ水牛とは、白水牛とも呼ばれる印鑑の素材です。粘りがあり大変硬く、耐久性の面では 黒水牛を凌ぐと思われます。実印・銀行印などの重要印向きです。