ケース付き!サイズが選べる!柘(あかね)【3本セット個人用/認印(仕事印)・銀行印・実印】

k_tsuge_3set
k_tsuge_3set
k_tsuge_3set
k_tsuge_3set
k_tsuge_3set
k_tsuge_3set
商品番号:k_tsuge_3set

ケース付き!サイズが選べる!柘(あかね)【3本セット個人用/認印(仕事印)・銀行印・実印】

柘(あかね)【個人用/認印(仕事印)12mm・銀行印13mm・実印16mm】高級もみケース付き
【実】(実印)彫刻内容
【実】(実印)彫刻方向
【実】(実印)書体
【銀】(銀行印)彫刻内容
【銀】(銀行印)彫刻方向
【銀】(銀行印)書体
【認】(仕事印・認印)彫刻内容
【認】(仕事印・認印)彫刻方向
【認】(仕事印・認印)書体
高級もみケース色
※作成面確認オプション(3本)又は実印のみ
¥21,054(税込)
数量
柘(あかね)【個人用/認印(仕事印)12mm・銀行印13mm・実印18mm】高級もみケース付き
【実】(実印)彫刻内容
【実】(実印)彫刻方向
【実】(実印)書体
【銀】(銀行印)彫刻内容
【銀】(銀行印)彫刻方向
【銀】(銀行印)書体
【認】(仕事印・認印)彫刻内容
【認】(仕事印・認印)彫刻方向
【認】(仕事印・認印)書体
高級もみケース色
※作成面確認オプション(3本)又は実印のみ
¥22,044(税込)
数量
柘(あかね)【個人用/認印(仕事印)12mm・銀行印15mm・実印16mm】高級もみケース付き
【実】(実印)彫刻内容
【実】(実印)彫刻方向
【実】(実印)書体
【銀】(銀行印)彫刻内容
【銀】(銀行印)彫刻方向
【銀】(銀行印)書体
【認】(仕事印・認印)彫刻内容
【認】(仕事印・認印)彫刻方向
【認】(仕事印・認印)書体
高級もみケース色
※作成面確認オプション(3本)又は実印のみ
¥22,044(税込)
数量
柘(あかね)【個人用/認印(仕事印)12mm・銀行印15mm・実印18mm】高級もみケース付き
【実】(実印)彫刻内容
【実】(実印)彫刻方向
【実】(実印)書体
【銀】(銀行印)彫刻内容
【銀】(銀行印)彫刻方向
【銀】(銀行印)書体
【認】(仕事印・認印)彫刻内容
【認】(仕事印・認印)彫刻方向
【認】(仕事印・認印)書体
高級もみケース色
※作成面確認オプション(3本)又は実印のみ
¥23,034(税込)
数量
    彫刻文字制限ご確認ください:
(12mm)の彫刻可能文字数は3文字/1列
(13.5mm)の彫刻可能文字数は3文字/1列
(15mm)の彫刻可能文字数は4文字/2列
(16.5mm)の彫刻可能文字数は6文字/2列
(18mm)の彫刻可能文字数は6文字/2列

実印のサイズについて詳しくは>>個人用ご実印についてのページをご参照くださいませ

柘(あかね)について

あかねは柘(つげ)そのものではなく、柘に近い品質を持った木材です。かつては「シャム柘」と呼ばれていたのですが、シャム以外の産地のものをそのように呼ぶのは混乱を招くということで柘(あかね)と呼ばれるようになりました。
あかねの産地は主に東南アジアやタイとなっています。本柘と違って成長が早いので量もおおく採れ、比較的安価に手に入れることができます。
本柘はあまり大木でないので大きな印鑑の印材として利用するのは難しいのですが、あかねは大きく成長するので大きな印鑑も作りやすいという別な利点もあります。ただしやはり本柘に比べるときめが粗く硬度にも欠け柔らかいといった欠点があり、どうしても仕上がりは本柘には劣ります。特にサイズが大きくなればなるほどそれが顕著に現れてきます。
最もそれもあくまで高級印材である本柘と比較しての話であり、印材に使う木としては充分な水準を持っているといっていいでしょう。

印影について

字体は、隷(れい)書体、楷書体、行書体、古印(こいん)体の4種類よりお選びいただけます。

漢字・ひらがな・カタカナ・英字のそれぞれの印影作成見本は下記からご確認下さいませ

実印は重要な契約の際に本人の証明として使用するため、偽造されにくい書体でお作りするのがいいでしょう。可読性の低い「印相体」や「篆書体」がお勧めです。

銀行印は重要な契約の際に本人の証明として使用するため、偽造されにくい書体でお作りするのがいいでしょう。可読性の低い「印相体」や「篆書体」がお勧めです。

認印・仕事印は、郵便物の受取りや回覧板、社内での業務など、日常的に使用するものですので、行書体、古印体などの読みやすい書体がいいでしょう。

文字の配置について

日常的に最も多く使う認印・仕事印は、「苗字のみを縦書き」が一般的です。視覚的にも分かり易く、横彫りの銀行印との区別も可能です。

銀行印において、男性の場合は”苗字のみ”で「横彫り」女性の場合は”下のお名前のみ”で「横彫り」(捺印時に右から左に読めるように彫刻致します。)が一般的です。
横彫りにすることで、「お金が縦に流れることなく受け止める」という縁起を担ぐ点と、縦書きが一般的な認印との区別をつき易くするといった点があります。

実印において、男性の場合は”フルネーム”で「縦彫り」女性の場合は”下のお名前のみ”で「横彫り」(捺印時に右から左に読めるように彫刻致します。)が一般的です。
女性の方は結婚後に苗字が変わるためです。ですので、既婚の女性の方はフルネームの「縦彫り」でもいいかと思います。